治療内容

治療内容
むし歯の治療

むし歯は、口の中の細菌が歯の表面に付着した糖分をもとに作り出す酸によって歯が溶けてしまうことで起こります。むし歯はその進行度合いにより4種類に分類されます。(右図)
当医院では、中程度(C2)以上のむし歯の治療の場合、治療中に痛みを感じないようにすることを重視して麻酔を用いています。麻酔の痛みを心配される方もいらっしゃると思いますが、麻酔注入部を消毒した後、表面麻酔を行い、電動注射器を使用し極細の針で麻酔薬をゆっくり注入することにより、なるべく痛みを軽減するように努めております。
また、健全な部分をなるべく削らず、可能な限りむし歯の部分のみを除去するため、むし歯の部分が赤く染まる染色液を必ず用いています。
C1・C2のむし歯の場合、むし歯の部分を削って詰め物をし、歯の神経までむし歯が達している場合(C3)、歯の根の治療となります。根の治療後は歯にかぶせ物をします。

むし歯の治療イメージ
歯周(歯ぐき)の治療

歯周病とは細菌のかたまりである歯垢(プラーク)により歯を支えている歯ぐきや骨が破壊される病気で、日本人が歯を失う最も大きな要因とされています。しかし初期の段階では、なかなか自分自身で気付くような症状はなく、知らないうちに進行していることがよくあります。
プラークコントロールを徹底することが歯周病の治療の基本となります。プラークコントロールとは正しい歯みがきをすることや定期的に歯科医院において歯ブラシでは落とせない歯石を除去することをいいます。
歯科医師・歯科衛生士による歯石等の除去によるプロフェッショナルケアを行うとともに、患者様それぞれに合った歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシの使用方法を指導させていただくことにより日常的なセルフケアのお手伝いをさせていただきたいと考えております。
※歯垢内の細菌を観察することができる位相差顕微鏡を備えております。ご希望の方はお申し出ください。

歯周(歯ぐき)の治療イメージ
位相差顕微鏡イメージ
歯内(歯の根)の治療

むし歯が進行し、お口の中の細菌等が神経まで到達した場合、もしくは歯の根の治療を受けた歯が、再度大きくむし歯になった場合、歯の根の治療が必要になります。
歯の根の治療の目的は、根の中の消毒を行い感染が生じる可能性のあるものを排除することです。したがって、治療中、唾液の中にある細菌や汚れが根の中に侵入するのを防ぐ必要があります。そこで当医院の根の治療では、治療時にラバーダムというゴムのマスクを装着して、可能な限り外部からの細菌感染を防ぎ、安全に治療を進められるよう細心の注意を払っています。
また、ラバーダムを装着することによって、治療中に使う強い消毒効果のある薬剤から粘膜を保護し、治療器具を誤って飲み込むのを防止することにも役立っています。このようにラバーダムは根管治療においては、とても重要な役割を果たしているのです。

歯内(歯の根)の治療イメージ
訪問歯科診療

「歯科医院に通いたいけれど通えない」という理由で、むし歯を放置してしまっている方もいらっしゃるかと思います。当院ではご年配の方、お身体の不自由な方にも快適に歯科治療を受けていただきたいと考え、訪問歯科診療にも対応しています。ご自宅や施設へお伺いし、歯科医院と同程度の治療や口腔ケアを行っています。ご希望の方は、お気軽にお電話ください。
>> 詳しくはこちら

訪問歯科診療イメージ
診療時間
診療時間エリアここまで
治療内容
  • むし歯の治療
  • 歯周(歯ぐき)の治療
  • 歯内(歯の根)の治療
  • 訪問歯科診療
治療内容エリアここまで
アクセス
アクセスエリアここまで